スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
スーパーマンのマント

スーパーマンなんかが付けているマント、
あれ何の意味があるのかなあ。
ただ単に邪魔なだけだと思うけど、
戦うときに、足に絡まったり、
飛ぶときに体にまとわりついたり、
して危ないと思うけど、
ただそんなどうしようもないことを
毎日考えて過ごしています。
はい。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんな鷹(たか)の使い方、すっごく良いんじゃない。

金沢駅のハトの糞公害に一役買っている。
ハトを追っ払う目的で、鷹を飛ばしている。

ハトのふん害、タカでゼロ

うちの近所のゴミの日の朝にも、飛ばしてもらいたいですね、鷹を。
たぶん、カラスも追っ払ってくれるでしょ。
それと、畑にある柿の木の柿がカラスに食われて困っている
農家の人のところでも、鷹匠(たかじょう)さんに行ってもらいたい。

鷹も訓練すれば、同じコースを飛ぶことができるのかなあ。
もし、できるとしたら、飛行場で飛行機の邪魔にならない
コースを鷹が飛んで、他の鳥を追い払ってくれても、いいんじゃない?

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
感動的なお話し
感動的なお話し

感動的なお話をひとつ

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰かメガネに

大手メガネ企業の開発部門の人へ

IPhoneのAirPodsの機能を、
メガネのフレームの耳かけ部分に入れてほしい。

イヤホンなどを耳に入れなくても、
メガネをかけるだけで、音楽が聞けるように。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
はがきに願いを

明日への願い をはがきに書いて送ってみる?

どうだい、はがきを書く なんて昭和の匂いがする。
現代に生きる人々へ たまには字を書いてみよう。
なんてね。

えー、何を書くか? って、それは明日への願い。
最近、テロとか凶悪な事件が多いから、それが無くなってほしいとか、
火星に人類が行って、新しい進化の根を育んでほしいとか、
世界中から銃がなくなってほしいとか、
そんなことです。

自分の思い、願いを20字以上200字以内の日本語の文章で、
ぶちまけてください。一枚のはがきに。

2016年8月10日 当日の消印有効 って、
消印有効って、懐かしい言葉のひびき。

はがきの名文

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
幸福の哲学

よく分かったような、分からないような、幸福という哲学。
生きる意味はなんぞや?
じゃなくて、幸せになるには、どうしたらいいのか。

歴史上の偉人が、幸福とはなんたらこうたらと断言している。
あなたは、彼らが言っている意味が分かるだろうか?

わたしには、いまひとつ抽象的で、判りにくいのですが。
結局どうなの? と、はっきり言ってもらった方がありがたいのですが。
それだけ、わたしの脳が足りないのですかねえ。

9人の偉大なる哲学者に学ぶ幸福の秘訣

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
長いもの

長い物に巻かれた経験がありますか?

というアンケートの記事が新聞に載っていた。
はい、が77%。いいえ、が23%。

みんな意外に長いものに巻かれているんだ。
でも、そうかもしれない。ルールを決めて、
その通りに生きている訳ですから・・・・。

はい、の代表的な理由は、波風を立てたくない。
いいえの代表的な理由は、自分の意見を曲げたくはなかった。

普段、何気ないものは、長いものに巻かれていいかもしれないけど、
ここは、違うと思ったものは、反対してもいいだと思いますよ。
ただし、信念と覚悟を持って反対しなくてはなりません。

重要なのは、多数派が少数派はなぜそんなことを言っているのかを
理解しようとすること。問答無用に切り捨てないことだと
思うのですが、皆さんはどう思いますかねえ。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い




| み6 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生のテーマ
これから、20年後、30年後は、
世の中、変わっているだろうなあ。

昨今の人生のてテーマは、物理的欲求を満たすこと。
人の周りをものであふれる、を目標にがんばっている?

でも、未来の人生のテーマは、心理的欲求を満たすこと。
心理的満足をとことん求める。
ベーシックインカムが導入されたら、
人は働くことを徐々にやめていって、だんだんITや機械、
人工知能にその役目を受け渡す。
未来は働かなくていいんです。と、ホリエモンは言い切った。
本当だろうか。

仕事よりも、自分の趣味に遊びに時間を使いたいのは、
大多数の意見でもあると思いますけど、
そのような社会ができるかどうかは、どうしても疑問が残る。

でも、心理的満足をより求めることは確かだと思う。
こころのやすらぎというか、安心できるなにか心理的な満足を
求めて、さまよう世の中になるという意見は、
それなりに根拠がありそうな感じです。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い


| み6 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
車中泊マット 被災された方、限定の特別価格
被災された方、限定です。

車中泊マットが特別価格。
品質もすぐれていますので、普段はこんなに安くならないです。

リンク先の注意事項をよくお読みください。

くれぐれも、

・被災された方、

限定の価格です。
数に限りがあります。

車中泊マットを特別価格

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
やめるべき5つのこと

この5つのことさえ、やめれば人は幸せになれる。
と、科学的に証明されたのこと。

あなたは、この5つの習慣をやめることはできますか?

やめれそうで、やめれない?
幸せになるために、ほんの少しの努力をしましょう。
そうすれば、必ず幸せになれるはず。

欲を捨てて、幸せになるのか?
欲を求めて、不幸になるのか?

この2つの選択ですか?
たぶん。
あなたは、わたしは、どちら側に転ぶのでしょうか?

幸せのために、やめるべき5つの習慣

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
あれから・・・
「時は流れても、あの時の思い、今も変わらず。

ただ、ただ、会いたい。

それだけだ。」

今日も、やっぱり、午後2時46分に黙とう。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い

| み6 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペイジ氏

ペイジ物語を興味深く読ましてもらいました。

ペイジ物語

やっぱりそうですね、確かにどこかスティーブ・ジョブズと
似た境遇などがあって、また一味違った魅力を放って、
google を指揮しています。
現在進行形です。

ペイジ物語はまだお話の途中なのです。

しかし、今後、自分が気が付くより早く、
機械が気が付いてそれを実行しておいてくれるという社会は、
ちょっと、怖くもあります。

グーグルは人類の脳を支配したのか?

何か、間違ったことがあったら、すぐに電源を落とせるように
しておかないといけないのに。今、もうすでに、
電源を落とせない状態になっています。

世界中のコンピューターはインターネットでつながっていて、
今や、世界中のコンピューターの電源をいっぺんに切ることは、不可能です。

やっぱり電源を切る方法を考えておかなければ、
それも、1次的な対策、2次的な対策、3次的な対策・・・
という風に。
それも、コンピューターにそれを知られない方法で。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い


| み6 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
こころの修行
物事の考え方にこころ洗われることがあります。
人生は自分の天命に従う覚悟 という教え。
その覚悟があるかないかで、人生大きく変わってくる と、
そのような解釈をしました、わたしなりに。

ありのままの by 全生庵七世住職 平井正修 流

ありのままの自分で。
それは簡単なことなのか、難しいことなのか。
世間の目が自分という人間をどのように変化させているのか、いないのか。
本当に純粋にありのままの自分というだけでいいのか。

いろいろと考えさせられます。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマス近づいている今日この頃

今年もクリスマスが近づいてきて、忙しくなっている今日この頃ですが、
なんと、今年、2015年のクリスマスは満月ということで、
何か起こりそうな、いや別になんともないような、
ただ単に、お相手がいる方にはそれなりに楽しく、
独りの方にはそれなりに切ないクリスマスと、
毎年同じことの繰り返しのような。

クリスマスイブ(24日)じゃなくて、クリスマス(25日)が満月ですから。
クリスマスイブ(24日)には、巨大小惑星が地球に近づくそうで、
はい。

今年のクリスマスは38年ぶりの満月

なんで、「巨大」と言ったすぐあとに「小」が付くのが、
ちょっと不可思議に思える今日この頃、
「今年は何にもできなかったな。来年こそは。」と、
毎年思いはや10年、人はなにをすることに意義を持てるのか。
はぁ・・・。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:クリスマス


| み6 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
成功への道しるべ
成功への道しるべを、成功した人たちの言葉でつづってみます。


人生の時間は限られている。誰かのための人生を生きて
自分の内なる声がかき消されるようではいけない。

by スティーブ・ジョブズ

まず簡単なこと、やれることから手始めにどんどんやっていくんだ、
気づいた時には相当進化してるはず。

by マーク・ザッカーバーグ

ビジネス上のゴールと言うのは、なるべく早く達成できるものを設定すべき。
1度決めたら目標達成まで一直線だ。

by ウォルト・ディズニー

他者と競争することは常に良い効果を生み出し、人を成長に導く。
たとえ、勝負に負けたとしてもね。

by カルロス・スリム

他の人よりたくさんリスクを冒せ、他の人よりもたくさん夢を追い求めろ。

by ハワード・シュルツ

あなたの価値は何を知っているかではなく、何をシェアできるかで決まります。

by バージニア・ロメッティ

お金しか生み出さないビジネスは、粗悪なビジネスである。

by ヘンリー・フォード

成功は最低の教師。優秀な人も1度成功の味を覚えると、
もう2度と失敗しないと思い込んでしまう。

by ビル・ゲイツ


最後の、ビル・ゲイツさんの言葉は、マイナーな印象ですが・・・。
なんだ、成功してもそんなんかよ。 と、思うのではなくて、
つまり、1度、成功したとしても、常に挑戦者であれ。
ということと、理解しておくといいかもね。
何事もプラスのイメージを、脳に残そう。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:成功者 名言


| み6 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
思ったんだけど

人は、意外にも、自分のためにはあまり一生懸命がんばらない。
むしろ、助けてあげたい人がいるのなら、その人のためなら、
一生懸命がんばってあげたい気がする。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたは聞き手上手?


これからの時代は、どのように人の話を聞くかが、大切になってくる。
大抵の人は、しゃべりたいのです。
自分のことを聞いてくれる人が欲しいのです。
しかし、会う人、会う人、誰も自分の本音を聞いてくれません。

なので、諦めています。
自分自身のことを話すのをためらっているのです。
どうせ、自分のことについて少し話し出すと、
話をさえぎったり、違う話に変えたり、逆に聞き手が自分の事を話し出したり。

これからの世の中、聞き手上手になって、情報を集めることがとても効果的です。
相手がその人の本心を話し始めたら、落ち着いて相手の話を聞いてあげましょう。

聞き手下手な人はこんなふう

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:人間関係


| み6 | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
とあるブログ
昨日、新聞のある記事を読み、
と、早寝早起き玄米生活 というブログに辿り着きました。

副題ががんとムスメと、時々、旦那で、
いまその旦那さんがブログをぼちぼち続けているようです。
ブログを読んでいると、
心を打たれ私は何をしているかと考えさせられます。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い





| み6 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
生と死
世界には、日本には、たくさんの理不尽がある。
それらに直面したとき人は・・・・

残された人たちはなにをもって、いってしまった人を評価するのか?
それは、生きている間、どれだけ人に尽くしたか、
どれだけ人に対して優しい思いで寄り添えたか?
であろうか。

人はお金が少なくなってなくなってくると、卑屈になる。
そういう生き物だから、一般的には。
しかし、中にはそうでない人もいるということ。

人の生と死はどのようなことなのか、
考えないといけない時代かもしれない。
空より上の誰かが諭してくれているのかもしれない。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い

| み6 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
細やかな幸せ
強運とは、細やかな幸せの積み重ね。
たとえば、小さい良い事をして、人を笑顔にする。

その積み重ねが強運という人生を築き上げる。
運は人が運んできてくれる。
面倒がらずに人に会いに行きましょう。
会ったら必ず何かしらの印象を自分のこころに残してくれます。

強運になるために
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
成功するかどうか

自分が成功するかどうかは、自分のこころ次第なのだが、
自分自身で心の奥底で自分が成功することが信じれれば成功する。
成功することに疑いの念が出てきたら失敗する。

要は自分が信じれるかどうかがカギとなる。
成功している人は、何の疑いも持たずに、
自分が成功していくと信じている。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
小さい神社

小さい神社は、3が日を過ぎても、お札を売っているのか?
ちょっと、今日、確かめようと思う。
というか、氏神様のお札を近所の神社で買いたい。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年は

今年はそのままの状態で行きますか。
あまり気張らなく、ただ目標だけは決めて、
そっちの方向へ歩んでいけたら。

そのぐらいの気合で。
ガッツリとは気合は入れない。
気を抜いてそれでも目標だけは頭に思い浮かべて進んでいきます。

世の中、徐々に変わってきています。
それを見ながら、眺めながら、見定めながら。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年最後

今年最後の日、いろいろあった出来事を、
特に良いほうの出来事を思い出して、
来年にも繋げていくけるように、お祈りをして、
おおみそかを過ごしましょう。

また新しい気持ちで新年が迎えられるように、
部屋の中をキレイにしておきましょうよ。
それをすることによって、来年の始めての気持ちが
うんと盛り立ちます。

来年初めの1月1日から5日の満月までなんか
いいことが起きそうで、いい休みが取れそうで、
なぜかうきうきしている今日この頃、
せっせと掃除をしましょう。

掃除は部屋の中も人のこころもキレイにしてくれます。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゲームで世界を

ゲームを使って、世界を変えれないか?
ゲームを使って、いろいろな難しい社会問題の解決に至らないか?

たとえば、マララさんが唱える子供と女性の権利の問題、
たとえば、パレスチナとイスラエルの和平の道、
たとえば、街づくりが SimCity 、
たとえば、人のこころに眠る道徳の問題、
ゲームがなにかしら良い方向に人々を導けないか?

若者にしっかり浸透しているゲーム。
そのゲームで世界をいい方向に向けられないか?
正しい方向に向けて欲しい。
ゲームの力で。

ゲームは若者の心に訴える力を持っている。
誰が意義のあるゲームを作って欲しい。
目的は世界平和。
世界のあるゆる地域が平和になるように。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い

| み6 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
月夜

月夜に沁みる、こころのなさけなさ

よせてはかえす、悲しみのつづれおり

今、旅先で思う、遠くても鮮明な過去を

あの出来事をどうとらえたらいいのか

たぶん、一生悩んで生きていくしかないかと

それを引きずって、引きずって、ここまできた。

たぶんこれから先も引き離すことはないだろう

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:


| み6 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年もあと2ヶ月たらず

今年もあと2ヶ月たらず。
みなさん、やり残したことはないですか。

きっちりとやりきってしまいましょう。
来年は来年の計画が練れればいいですよね。
新しい年は新しいことを考えながら、
つねにわくわく感がある時を過ごそう。

そのために、今年のラストスパート。
頑張れるんであれば頑張ってみましょうよ。
すべては、未来の自分のために。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
マララさん

ノーベル平和賞を受賞したマララさんは十七歳。

それでもって、イスラム武装勢力に命を狙われたのに、
女性、子供の権利を主張している。
とても、勇気のあることで、とても普通の人にはできそうもない。

かりに私に同じことをしろと言われても、たぶんできない。
マララさんは世界が誇りにしている十七歳で、女性です。
彼女の信念はゆるぎない。
とても立派な人です。

彼女を、ニュースで見ていると、キング牧師を思い出します。
キング牧師は、リンカーン記念堂の前で、I have a dream との演説をした。
今でもその演説を聞くと泣けてきます。

マララさんは、国連で、
One child, one teacher, one book, one pen can change the world.
と教育だけが、解決への道だ。と、説いた。

私は、マララさんが生き延びるように願っています。
そして、神様から与えられた使命を全うしてほしい。
私は、イメージしています。マララさんがおばあさんになっても、
難民地へ足を運んで、絶望に打ちひしがれた子供たちを勇気づけるすがたを。
そう、オードリー・ヘプバーンのようなすがたを。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:世界平和


| み6 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
これは泣ける
これは泣ける。
ママになり1年の思い出が。





これは泣けるシリーズ。

東京駅
フラッシュモブ
チェーンロックの夜
かけがいのない家族
雪かき
戦争

分類カテゴリ記号:ɧ 思い




| み6 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱を宇宙に逃がしたら?

地球温暖化と言われて、もう10年以上経っているのかな。
熱が地球にこもってきている?

昔、宇宙エレベーターという構想があった。
地上と宇宙ステーションをエレベーターで繋げて、
ロケットやスペースシャトルではなく、
エレベーターで宇宙を行き来するという
壮大な考えがあったのでは。

それをエレベーターみたいな大した物ではなく、
とりあえず、管のようなもので、繋げてみては?

そして、地球に溜まりつつある熱を、管を通して、
宇宙に逃がしてしまうっていう案は、どう?
なんかどこかで、副作用でもっととんでもないことになるかなあ。
そこんとこ、とことん調べてさ、
よかったら、この案、良くねぇー???

地球の気候が安定するだけの熱量を
宇宙に放出できれば、温暖化を防止できるじゃねぇー?

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:地球温暖化


| み6 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
社会

人生、仕切りなおせる社会にしていかないとダメだよね。
いろいろなところで落ちこぼれがたくさんいる。

その人たちが、やり直せる社会が理想だよね。
2回目も挑戦できる社会。
これは、ユートピアでもなんでもない。
ちゃんとそういう社会は実現できると思っている。

ちゃんと分かってくれる場所を作らなきゃ。
うわべだけ、うんうんと聞いている親切な人じゃなくて、
親身になってくれる存在がいる場所。
そのような場所が全体的に少ないように感じる。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
地域の事業

テレビで見たけど、地域の中小企業の
悩みを結びつけて、新しい規格を立ち上げるという
趣旨でいいと思った。

カレーに自信がある喫茶店のマスターと、
レトルト製品が作れる地元の中小企業とを結びつけて、
カレーのレトルトを作って販売したらしい。
そうしたら、いい効果が出て、たくさん売れたという。

地域の中小企業の悩みを集めて、
その2つを結びつけていい効果を生み出すというのが
いいんではないか。
いろいろな地域でやってみるといいかなと思ったりする。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱中症対策グッズ

熱中症対策グッズは、今、いろいろあるのですね。

首に巻くネクタイのようなもので冷たいもの、
冷水のミストを吹きかけるスプレー、
帽子の内側から首の後ろまでかかる冷たい布、
作業服の上から羽織る冷たいベスト、
塩分補給の観点から塩熱飴、
などなど。
まだまだ探せばいっぱいありそうです。

特に炎天下で働いている人は、上記なようなものを
つまく活用しつつ、夏場をしのいでください。
くれぐれも熱中症にはならないように。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い



| み6 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
現実逃避

人はなにがしら、事実から逃れたいときがあるのです。
それを悪く言うのなら現実逃避。

でも、そんなときの1回や2回、誰にでもあるでしょう。
そんなときに、少しの時間でも趣味に興じるとか、
野球を見に行くとか、気分転換とか、
いろいろ試みます。
まさか、そんなことさえ、現実逃避という名でかたづけて・・
その人は弱い者扱いされないといけないのですか?

気分転換は誰にでも必要なことです。
ちょっとぐらい休んだだけで、人を追い詰めて、
その人をますます仮想の世界へ追いやる風潮はどうなんだろう。

そのようなことをして、次回弱い者扱いした人が
現実逃避したくなったら、どうするのでしょう。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い



| み6 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
いつの間にか

いつの間にか今年も半年を過ぎ、
目標なんだなど言っていたのがなつかしく感じる今日この頃。

まーね、こうやって年月はすさまじいスピードで
過ぎていくのですね、何にもしてないけど。
最近は光のごとく時が過ぎていきます。

なにそれ? 秒速3億mってこと?
そう言えば、関係ないけど、秒速5cmというアニメがあったっけ。
あのノスタルジックな雰囲気は、何か
ジーンと来るね。

何かを思い出したような思い出してないような、
なぜか、センチメンタルな気分。
この気分のまま、しばらくひとりでいるときもたまにはいいかも。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い


| み6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
光と香り

脳科学者の澤口俊之先生のコラムがあって、
家の中にいるときに役立つ法則というのが載ってました。

それによると、青っぽい光は、集中力が出るそうで、
勉強部屋とか、書斎にいいそうです。
また、朝起きて目覚めの光も青っぽいのがいいとのこと。
1日の仕事の能率が変わるかも。
青っぽい照明があれば、それでもいい。

寝るときはオレンジ系の光がいいそうです。
スマホとか、PCは青系の光だそうなので、
寝る前に見たら、寝つきがよくないらしい。

青系、オレンジ系の調整ができる照明があれば、
調整するといいですよね。

シナモンの香りが集中するのにいいとのこと。
シナモンを書斎の机の上に置き、集中が途切れてきたら、
においをかいだらいいかもしれない。

これらのこと、私は実行してみようと思う。
実際、ここ2、3日何でも集中できなくて困っていたから、
上のこと試してみようと思う。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い




| み6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
元気が出ない

昨日のゲームを見てから、元気が出ない。
やる気が出ない。
そしてまた、今日はブルーマンディーということで、
なおのこと、元気が出ない。

これはいけない。
これを何とか思い直して、カラ元気でもいいから出さないと。
本当は実力でコートジボワールに負けたんだけど、
4年前、練習試合でドログバを骨折させて、
ワールドカップに出場できなくしてごめんね。という
試合だったと思って、つまりそのだなあ。

またリセットして今度のゲームが初戦だと思って、
フィギュアの真央ちゃんのようになるんだと思って、
見事に立ち直る姿をイメージして、
次がんばってほしい。

もう、思って思ってばっかりじゃん。
思ってばっかりでもそれで、気持ちが切りかえれれば。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い

| み6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
心理学的な学び

人生のうちで難しい行為。
人を許すと言う行為。

いやな人を許すということは、なかなかできません。
しかし、これは人間生きていく中で、
とても重要な分岐点です。

そこでこのように考えたらどうでしょう。
自分の周りの人々は自分を映し出している鏡だと。
いや、自分はあの人みたいにあんなにいやな人間ではないと
思うでしょう。
しかし、自分の何気ない一言がその人を怒らしてしまったかも
しれません。だとしたら、あなたがいやと思っている人も
あなたを見ていやと思っているかもしれません。

いやな人をよく見ていると、まわりに
意地悪に接している原因と言うものが見えてきます。
その原因が見えてくると、そのいやと思っていた人が
哀れに見えてきます。かわいそうに思えてきます。

そう見えてきたら、その人を許しましょう。
その人が幸せになるようにと本気で思いましょう。
思うだけでいいです。
そうすれば、あなたとその人の関係も
徐々に改善されていくかもしれません。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い









| み6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
感動のやり取り

感動的なやりとりが載ってました。
クルマ椅子の青年とのやり取りです。

3年前の投稿でした。
みんなからコメントが届き、盛り上がっていきます。

それが、これ

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
あれから3年
あれから3年、被災者たちのそれぞれの人生。
それぞれの実話は、わたしたちに何を訴えているのか。

あの時は雪がちらほら降っていた。
つい数分前まで歩いていた道路に水が浸り、
腰の深さまでなって、上へ上へと登って、
水から逃れて、振り返ると道路は大河になり、
クルマが何台も流れて行く。

あれから3年。
それぞれのストーリー。が、漫画家たちによって描かれている。
そのドキュメンタリー短編漫画集が発売となります。

ストーリー311 あれから3年

分類カテゴリ記号:ɧ 思い


| み6 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
行動することが魂

文句だけ言って行動しない人や、
中身が子供の大人たちが増えている?

理屈ばっかり言って、中身がない。
経験をしてこないから、理屈で物事を片付けている。
人と人とのふれあいに愛がない。

口を開けば辛らつな言葉ばかり。
どうしてそのような人間が出来上がってくるのか?
どうして自分のことしか考えない
屁理屈ばかりの人間が出来上がってくるのか?

やっぱり親が甘やかして育てているのが原因か?
子供にはいっぱい失敗させてあげないと。
いつもいつも良いことだらけで、挫けることを経験してない。
痛い目をみて、初めて人の気持ちがわかるもの。

努力をしたらした分だけ、負けたら悔しいのですから。
せめて努力しても負けることがあることを経験しないとね。
人生いろいろと想定外のことががあるのです。
そのときにどうするかが、問われている。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い




| み6 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
あのころ

星の夜空に思いをはせ 眠りに落ちたあの日
きらめく朝日に希望を抱いていたあの日
懐かしい日々よ

もうこころの底からのみなぎる熱さは沸いてこないのか
足元さえ見ずに突っ走っていたあのころには
もう帰れないのか

あのがむしゃらな時が懐かしい
絶対に前に進んでやる と思っていたあのころ
今でも 夢に見るあのころ

あのころの気持ちに帰りたい
あのころのこころに帰りたい

あのころと今と何が違うのか
ただ年代を重ねただけ
今でもあのころの気持ちに戻れるのでは
そう思うとまたうまくいかない

これでもう何回目だろう
あのころに戻ろう 戻れないの繰り返し


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:想い詩


| み6 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
負けたとき
将棋で負けるとわかったら、自ら「負けました」と言う。
将棋はどちらかが、自分が負けました。と意思表示して終わります。

自王が詰みになるまで指すことはあまりしません。
この「負けました」もしくは「参りました」なんだけど、
それがこのうえなく悔しくて悔しくて仕方がないのです。

将棋のプロでは、無言で駒台に手を置いて頭を下げる。という方法もあります。
この動作で負けを認めた。となります。

どんなことでもそうだと思いますが、
負けを認めないと、強くなれません。
言い訳ばかりでは、単なる屁理屈野郎です。

負けを認めて、自分のどこかいけなかったのか、
じっくりと考えなければ、次に進めないのです。
じっくりと考えて、そのときの相手の手を、
次に使ってみるとか、あのときの自分の手を違う一手にしてみるとか、
工夫しながらなんとか、次はなんとか勝とうとするのです。

それが進歩なのです。
ですから、まず、自分が負けたことを認めるのが、
つらいですけど、負けたと認めることが、
自分を進歩させる、まず一歩なのです。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
つながりすぎの今

つながり過ぎの社会。特にスマホ、SNS、LINE で。

一晩中、LINEしていて、そんなにからだ壊したいのかい?
と、思ってみたりする。

今、考えればケイタイのメールぐらいで丁度よかったかも。
ケイタイのメールで、問いをして、回答が遅かった場合だけでも、
ちょっとイラッとするから、
スマホのLINEで既読無視されたら、既読スルーされたら
相当イラッが募るんだろうなあ。

なんとかして、LINEの仕組みを改善してもらいたいものだが、
何か良い案はないでしょうかね。

いらいらにならない連絡方法。
既読しスルーされても、いらっとしない方法。
その人のこころのもちようだけなのかなあ、問題は?
なにか違うような気がする。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
七夕願い事

今年、2013年の7月7日は日曜日です。
のんびりと、twitter や facebook などに、願い事を書いてみましょう。

本当なら、短冊に書いて笹につるすのだが。
今年、新入社員になって、めちゃ忙しくて恋人と会えないと
嘆いている人も多いことでしょう。
twitter に「会えますように」と書くだけで願いが叶うかも。

彦星と織姫でも、年1日しか会えないのに、
普通の恋人同士だったら、どんなに片方が忙しくても盆休みぐらいは会えるのでは。
それに、彦星と織姫は、7月7日が雨降ったら、会えないという設定です。

願い事を書くと、その20%は叶うというのは、
叶いやすいことを書いた人が20%いるってことだよね。
twitter で、願い事で検索するとみんなの願い事がいろいろ見れます。

オフィスビルの玄関にでっかい笹があって、
そこに太字のマジックで短冊に「早く帰りたい」と書いてあったようです。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:七夕
| み6 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢は

夢は破れてからが勝負?

「あっ、これじゃあダメなんだ。」と、分ってからが勝負。
そうなったとき、どうするか。
その夢を違う形で実現しようとするのか、
それともまったく違う夢に向かうのか?

人間、自分のやりたいことをやっているときが、一番いい顔をしている。
こころから喜んでやっているときは、いい顔をしている。
諦めず、夢の道を進んでいるときは、その自分の夢のために
少しでも努力してくれた人のことを感謝しながら、地道に進んでいくのが
いいんじゃないのかな。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
七夕

今日は七夕。
なので、短冊にいろいろ書いて、天の川に願いを託す。

というけど、最近は twitter に願いを書くようですね。
はい。
叶わぬ夢を書いて、気を紛らすのもいいかも?
いや、どうせなら、叶う夢を書いて、ちょっとの努力で達成してしまえばいいかも?
まー、ひとそれぞれです。

ちなみに、天の川は、銀河系の中心のブラックホールに、
星の群れが渦を巻いて吸い込まれていく過程の星の群れです。
はい。

天の川に願いを託しても、吸い込まれないようにしなければ。
はい。



分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:夢・目標
| み6 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ほめる

いやな事件が増えていると感じる今日この頃。
今のすさんだ世の中に必要なのは愛。

ひと言でもいい、人をほめてみよう。
そのひと言でその人の人生が変るかもしれない。
いい方向に向くかもしれない。

とんでもない事件を冒す輩は、自分を負け組みの最低のところにいると
信じ込んでいる。そして多くの場合、悪いのは社会だ。という結論に達してしまう。
何年も何十年も心を閉ざして生きてきている。
そんな人がひと言でも他人からほめられたら、
その人の人生が変るかもしれない。

人をほめましょう。人をほめることでその人が良くなったりする。
人をほめることで、自分の人生もよくなったりする。
そんな気がする。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
JUGEMテーマ:人生論


| み6 | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふと思う
神さまがひとりひとりに与えてくれた時間の配分。
その長さは人により様々です。

ある人は予想外に短い時間で終わってしまうかもしれない。
突然、時間が切れて逝ってしまうかもしれない。
ある人は孫もできて、ひ孫ができて、長い時間をもらうかもしれない。

しかし問題なのは、その時間の長短ではなく、
その時間の中でどう生きるかです。今を生きることです。
死んでから後悔しないように、今この瞬間を生きることです。

あの人は条件がいいから、あの人はお金をもっているから、
そんなことができたんだ。と、自分は無理だと思っていては、
何にも始まりません。まずは、やってみてそれから考えましょう。
まずは、やってみることです、自分の思ったことを。






分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
新聞にあった文。

「人生いいことずくめだと、覚悟のない無防備な一生になりかねない。」

だから厄がある?
女性の大厄は33歳、男性の大厄は42歳。

そのときは辛くても、辛さからちょっと抜け出たときが、
今後の残りの人生をどうしようかと考えるべき時間。
自分らしく生きるのか、それとも自分の個性を潰して
家族のためだけにせいを出すのか。
2方向とも両立できる道はあるのか。

いろいろな人生があります。
辛さから抜け出たときに、あなたのことを親身になってくれる人に
いろいろと話してみるといいかと思う。
あなたの人生のことを。





JUGEMテーマ:厄年
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
天声人語
天声人語にあった言葉。

人の数だけ電話が歩いている時代。

ほとんどの人がケイタイを持っていて、
すぐさま電話が繋がる時代です。
電話でなくても、メールで用件を送っておけば、
何十分後にはそのメールを見るでしょう。

そんないとも簡単に遠方の人と会話が出来る時代には、
やっぱり文字だけで、声だけで、
その相手の感情を判断してしまう危うさが伴う。

ちゃんと顔を見て、しぐさを見て、
表情を見て、その人の今の感情を察するすべを忘れかけている?

人のことを考えて というのは、
何もその人が辛いときだけのことではないはず。
嬉しいときも浮かれているときも常に
人のことを考えて生きられれば、
それが結局は自分にとっても幸せになるんだと・・・・。

そう思って生きていこう。と感じる今日この頃。



JUGEMテーマ:人生論
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
話すべき
老人ではないけど、長く生きているから、
年をとっているから、
なにも大したこと経験したこともないけど、
わたしらは、若い人たちに、自分の今までのことを
話していってあげないといけない。と、思う。

自分ではなんともない事かもしれないけど、
それでもなお、人にはそれを話すべきです。

自分の辛いときのことを本音を若い人たちに話すべきです。
本音を話すべきです。その話をすべき時に話すべきです。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ばっちゃん
ばっちゃんが呼んでいた。
そんな気がした。

私の実のばっちゃん、10年以上前に亡くなった。
そのばっちゃんが私を呼んでいる気がしたので、
ばっちゃんの墓へ行った。

今は、311の震災で自分で何ができるかとか、
もうちょっと寄付しようかとか、
仕事がうまくいかなくてとか、
いろいろ悩み事もあったので、墓に行って、
ばっちゃんに聞いてみることにした。

墓に水をかけて、布切れで墓をきれいに拭いて、
そして手を合わせて、ばっちゃんに聞いてみた。

そしたら、
「自分のやるべきことをやりなさい。ずっと前に決心しただろ。」と言った。

はっと、思った。311の前から、
自分のやるべきことは、決まっている。
自分のやりたいことはある。
こころに決めたことがある。忙しい中、
それを忘れていた。違うことをしていた。

ばっちゃんはこう言っていたんだろうと思う。
自分のやるべくことを、自分のこころに決めたことを
やってから、寄付など、いろいろなことを
すればいいと。今は私自身ががんばる時だと。




わかったよ、ばっちゃん。 ありがとう。






分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生とは
人生はどれほど長く生きたか? ではない。

人生は生きている間に、どれだけ思いをこめたか? だ。
家族、親友、たちにどれほど、思いをこめて、
その人々が幸せになるのを願ったか? が、人生だ。

自分ではなく、家族や他の人の幸せを願って、
そしてそれが叶えられたら、自分自身それ以上の幸せはない。
それが、最上級の幸せというものではないだろうか。

物欲が叶った幸せは、最上級の幸せの足元にも及ばない。








JUGEMテーマ:幸せ
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
仲良しの秘訣
仲良しの秘訣は、ときたま軽いケンカをすること。
ちょっとした、口げんかで、相手の本音を聞きだしたり、
いろいろ新しいことが聞けたりします。

大切なのは、ケンカのあとの仲直り。
これは、必ずしないといけません。
「俺が悪かった。」と、言える勇気も必要です。
それは、別に負けたというふうに考えてはいけません。

この自分が悪かった。と、言えないで、
あとあと傷ついていく人たちをたくさん見てきています。
へんな意地っ張りは、最後にはみじめ以外の何者でもありません。
口げんかしても、私が悪かったとあとで言える人間になりましょう。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生のテーマ
人生のテーマを決めるのは、とても大切なことです。
人によっては、10代のときにそれを決めることもあれば、
40代、50代になってから、自分のテーマを見つけることができる人もいます。

テーマが決まれば、そこに向かって進んでいくので、ある意味簡単かもしれません。
テーマが決まらずに、人生さまよい歩いている人と比べれば。
でも、テーマを決めれない人は、世の中に大勢います。

テーマはいろいろな人を見て、世の中を見て、人と話をして、
それから、自分で決めるものです。自分の人生なんだから。

自分が一生を通して、情熱を傾けることができるもの、
人の役にたてるもの、人がまだやっていない新しいこと、
自分が一番になれること、テーマを決めたらその人はそれだけで幸せです。
自分が熱中できるものを決めたんですから。

たとえ、人生後半にテーマを決めても、全然遅くはありません。
なぜなら、その人は、決めたときから、それに熱中できるのですから。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分の行く道
将来のこと、これからの展望、
特にいつごろ目が出るのか知りたい。

占いと言うのは、大体の道筋のヒントをくれるものだと、思っています。
その道筋の中で、自分の個性を出して、やりたいことができるのかが勝負。
人生は、そんなに、思っているほど長くはない。

占いは、自分の生き方にイエス、ノーを言ってくれる?
自分の生き方に疑問を感じたら、いろいろな人と話してみることだと思う。
最後に決めるのは、あくまで自分だから。

いっぱいの意見を聞いた中で、いっぱいノーと言われている中で、
ひとりでもイエスと言ってくれる人がいたら、私はそうしよう。

つまづいて、何もかもうまくいかないときが、人生には2回ある。
どん底のときが、2回ある。そのときは、
大きなことは何も決めずに、ただ、自分の好きなことを勉強していればいい。
我慢のときと言うのがある。じっと耐えて、こころ許せる人に相談すればいい。
ただ、何事も決めてはいけない。どん底の時期は自分でじっくり考える時期。勉強する時期。
そのときに、信じたことを続けていれば、必ずいつかは、報われる。








電話占い
電話占いAIZ


JUGEMテーマ:なんとなく想う。
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
限界に挑む
限界とは、誰が決めるものだろう。
自分の限界とは、他人が決めるものではなく、自分が決めるもの。

やっぱり、私が思うには、毎日の鍛錬、
毎日の努力が限界を変える唯一の方法じゃあないかなあ。ということ。
人間は、自分の思っているほど強くない。
弱いものです。その限界を超えたいのであれば、それは、
毎日の努力しか、達成する道がないのでは?

1歩1歩の積み重ね、ちょっとづつ前へ進む気力、努力、
これらが、限界を超える唯一の方法。

同じようなことをイチローも言っているのを聞いたことがあります。
毎日の進歩は微々たるものだけど、それを積み重ねれば、
目標は達成される。と。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱で冷気、できないかなあ。
毎年、この時期になったら、思うんだけど、
熱で冷気ができないかなあ。
そんなのできたら、ノーベル賞もの?

夏のこのうだる暑さの中、ぼっーと、した頭で考えている。
この暑さ、冷気に変換できないかなあ。

冷蔵庫の冷たさはどうやって作っているの?
気化熱? を、利用しているの。
それ、外気の熱気をエネルギー源として、冷気を作れないかあ。
なんとか、すれば、作れそうな気もする。

今、熱でふらふらの頭で考えていると、できそうな気がする。
熱気で、気化熱をなんとかして、冷気を作り出せそうな?


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
進めぞ進めぞ先が見えず
時は経ち、言葉は流れ、私ひとり残る。
夢をさまよい、ただただ、歩き続ける。
何の保証もない夢を追いつつ、ただ、ただ、時間を使う。

誰も、私の夢を、応援してくれず、
ただ、ひとりで、歩き続ける。

ばら色だった夢も、灰色にかわり、かすんで見える。
この先、何年このまま、歩き続けるのか、続けられるのか。

明日の見えない明日を追い求めて、哀れな老体は、また一歩前へ踏み出す。
夢のため何もかも失いそうだけど、それでも、また一歩前へ。
何が、そうさせるのか。そこまでして、誰が、喜んでくれるのか。

その答えを見つけようとせず、ふりかえりもせず、
ただ前の遠い一点を見つめて歩き続ける。

なぜなら、それが、私の人生と決めたから。




JUGEMテーマ:想いのカケラ
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
やろうとしていること
やっぱり、自分がやろうとしていることは、
やったほうがいい。それが、たとえ、失敗に終わろうとも。
やっておかないと、後悔するのです。
自分の人生だもの、自分で決めるのです。

他の人に迷惑がかからぬよう、自分自身で一生懸命に
自分の目標に向かっていったらいい。

ただ、なにがなんでも。では、ないです。
よく、向かっていくところを、よく調べて、
そのことについて、勉強しなくてはならない時期が来るのです。
経済的に豊かではなく、ただ時間だけが莫大にある。
それが、勉強する時期です。
好きなことを精一杯勉強すればいい。
そうしたら、いつか、道は開く。

そのときが来ると信じてがんばってほしい。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛を運んでくれるかな
日ごろから、感謝の心を忘れないようにしている。
ときたま、ちょっと、言い合いになって、
沸騰するけど。
でも、やっぱり、感謝ですよ、かみさんには。
なんていったって、悪いのはいつも男だから。
男はいつも、づるいから。

かみさんはつらいのにいろいろしてくれる。
だから、かみさんには、いつも、思っているだ、
ありがとう と。





JUGEMテーマ:「アイ.ハコブ」動画投稿
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
名言
暇があればお金がない。
お金があれば暇がない。

言い訳をすると怒られる。
言い訳をしないと激しく怒られる。

上司に自分が上司よりすぐれていると悟られてはならない。

自分の車の前にのろのろ運転の車が入ったら、
その車は、赤になる寸前で交差点を渡りきる。
自分は信号の最前で信号待ち。

「お手伝いできたのに」と常に過去形である。

探し物は、あきらめたときに見つかる。

自分が狙っているものは他人も狙っている。


JUGEMテーマ:名言集*
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
悲しいけれど
それでも、やっぱり、人は生きている。
悲しいけどね。やっぱり、生きている。
試練なんです。悲しくて苦しいけど、試練なんです。

時がたてば、少しづつ、少しづつ、慰さされる。

未来からの贈り物
  ↑
このサイトは、愛する人を失った方が、立ち上げたサイトです。
悲しみを癒したい方、
また、そうでない方も、是非、読んでみてください。
とても、悲しいですけど、
逆に人生を歩き出すヒントも書いてあるような気がします。







JUGEMテーマ:伝えたい
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
介護
最近、「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」という歌が、注目さている。
介護されるほうの歌。
シンガーソングライターの樋口了一さんが歌う。

介護されるほうも、介護するほうも思いのほか大変だそうです。
話、番組としては、敬遠されがちな、この話題、
もうちょっと、みんなで、まとまって、真剣に話してもいいように感じますね。

TVも、へんな笑えないお笑い番組から、もう卒業して、
真剣にこういった介護などを、取り上げてもらいたいですね。
NHK以外の番組も。それぞれの曲のテイストで。
ただ、変な方向のお笑いのテイストはかんべいしてほしい。

介護するほう、されるほうの本音を聞きたいですよね。
なにか、世の中のためにできること。そういった方向に、
TVの番組の構成が進んでいくといいかもしれない。

介護のそういったみんなの意見が知恵となり、
日本だけでなく、世界に役立つようになるといいですよね。

JUGEMテーマ:介護
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
元旦の決心
一生燃焼

一生感動

一生好奇心


歌号 むつを




JUGEMテーマ:ひとりごと
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
1年最後の日
とうとう、1年の最後の日となりました。
皆さんは、どんな1年でしたか。

いろいろと、やり残したことが、あるかと、思いますが、
いや、中には、予定通り、すべて、やりきれた人も
いるかもしれません。

やり残した人は、それを、紙に書いて
ちょっと、考えてもいいかもしれませんね。
1年の締めくくりに。
そして、それを、来年続けて目標にするのか、
それとも、また、新しいことをはじめるのか、
少し、考えてみるといいかもしれません。

正月に音を遮断して、
自分だけの空間を、時間をつくり、
神様と話してみてはいかがですか。

去年も同じようなこと書いたかもしれません。
2009年をどのように、するのか、
自分はどのようにしたいのか、
考えてみてはいかがですか。

と、それは、正月の話ですね。
今日、大晦日は、掃除です、掃除。
家の中を、きれいにして、すっきりして、
すがすがしい気分になりましょう。

そして、その気持ちで、新年を迎えて、
元旦に、自分だけの時間をもうけて、
自分の2009年のことを考えて、みましょうよ。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
この年の瀬に
この年の瀬に、みんな簡単に逝ってしまったり、
自分の人生をハチャメチャにしてみたり、
そんな、ニュースばっかりなんだ。
もうちょっと、自分のことを大事にしようよ。

もうちょっと、希望の持てる社会にしようよ。
やりがいのある社会に。
自分の希望どうりに、仕事ができたり、
やればやるだけ、自分のためになったり、
自分の行動がプラスであると目に見えてわかる
社会にしようよ。


どんなに、苦しくても、
世界の子供たちのために、毎年クリスマスに寄付すると、
自分は、役に立っているんだよなあ。 と、感じる。
自分でも役に立つことがあるんだ。と。

そうすると、自分自身に自信が持てる。
自分は、他人のためにいいことをしたんだ。と。
そんなことが、自分にできるんだ。と。


自分のことは置いといて、
まず、人のためになにか、しようよ。
人のためになにかをしたら、それが、結局は
自分自身のやる気につながるから。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 07:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
ただなんとなく
仕事休みて
 明るい外に出ずれば
  海の音 なつかしく

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ストレス
親が子供を勉強のことで叱るのは、単なる親のストレス発散です。
親は叱ったあとは、こころが多少すっきりとします。
しかし、そのストレスは、そのまま、叱られた子供の心にたまります。
その子供が、ストレスを吐き出すすべを知らなかったら、
たとえば、好きなことに熱中するとか、
そういうこともさせてもらえなかったら、
ストレスは、たまって、たまって、どんどん蓄積されていきます。
そして、それが、いつか爆発します。

たとえば、その爆発は、秋葉原の事件のように。
これは、最悪のケースかもしれません。

でも、たとえば、兄弟げんかしたり、
家ではいい子で、学校では悪くなったり、
他人をいじめたり。とかで、ストレスを爆発させるケースが
あると、思うんです。


そう考えると、元々の、親自身もストレスをためないように、
工夫しないといけないですね。
子供にストレスを与えないために。


JUGEMテーマ:教育
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
樹木で自然治癒力
ある雑誌のコラムで。
樹木から、自然の気を自分に取り入れて、
自然治癒力を高めようとする記事がありました。

公園の元気そうな樹木に1,2分 向き合って、じっとしている。
そして、今度は、樹木に両手で抱きつく。
自分も樹木になった気持ちになることが大事らしい。

たしかに、このようにすると、健康になった気がする。
非常にカラダにいい感じがする。

けど、これ、公園で人がたくさんいるところでは、しないほうがいいかもね。
ちょっと、おかしい人だと、思われてしまうから。
人が回りにいないところでやりましょう。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
思い
両親が離婚すると、その子供の心の奥深くに、
できものが出来る。一生消えない。
できものだから、触れられると、すごく痛い。
「お父さんは?」「 お母さんは?」「いないの?」 で、
普通の人は、何の悪気もなく、その子の心の奥底の
できものに簡単に触れてしまう。

その子は、壊れそうになるのを抑えて、気丈に答える。
「うん、いないの。」



お父さんたち、お母さんたちは、よっぽどの事情がない限り、
離婚してもらいたくない。 子供のために。

子供の幸せをぶち壊して、自分たちの幸せを求めないでほしい。 
自分たちの幸せをあきらめてでも、子供を幸せにしてほしい。






JUGEMテーマ:つぶやき。
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 12:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
別荘があったら
別荘の楽しみ方? って、どんなの?

そんな、階級じゃないから、よくわからないが、
週末別荘なんて、いいんじゃないかな。
週末は、家族で、別荘に行って、自然の中で過ごす。
森に行ったり、バーベキューしたり、土にさわって畑をしたり?
つりをしたり。
よるは、室内から夜空が見える場所で、星を眺めながら、
本を読んだり。 ゆっくりとした、時間を、過ごしたい。

週末だけじゃ、ゆっくりできないかなあ。
別荘に、ヒノキのお風呂なんか、あったら、別荘で、
ちょっと、した、温泉気分。 いいよね。そんなの。
輸入住宅でも、注文すれば、ヒノキのお風呂ぐらい作れるんじゃないかなあ。
いいな、想像だけだけど。

はい、以上、想像したことを書きました。
そんなこと、現実になって欲しいですね。




JUGEMテーマ:10年後に自分はどうなっている?
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
地球環境
地球環境、エコについて考えると、やっぱり、行き着くのは、
家ですね。家で、どのように、自然の力を利用して、
自分たちの使えるエネルギーに変えていくかで、
地球環境の影響を変えていけると思います。

太陽熱を利用して、洗濯を干すほかに、ソーラーパネルで、
電気を作る、または、水を温めて、お湯にする。
自然の力を100%利用した家なんて、ないだろうか。

風の力を利用して、その動力を、そのまま、何かに利用できないものか。
風のあるときは回る、風のないときは回らない、そんな、気ままな、
モーターを使って、なにか、できないか。

雨水は、ろ過して、ある適度キレイな水にして、地面に埋めた、
大きなタンクにためておく。洗車、ガーデンの水やりに使う。
もうちょっと、キレイにして、お風呂の水、トイレの水に使える
ようにしたら、いいんじゃなかろうか。

環境は、変わっていきます。それにあわせた、エネルギー変換を
常に考えたいものです。

守れますか


JUGEMテーマ:環境問題
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
自然環境
ここ数年、地球の温暖化が進んできているので、
外に、出しっぱなしの、器機が、ちょっとづつ、具合が悪くなってきているのかなあ。


スキーのリフトもそうだし、どこかの、ロープウエイもそうだし、
遊園地のジェットコースターもそうだ。

こんごもまた、当たり前に動かなくてはいけないものが、
当たり前に動かなくなってくるんじゃないかなあ。

温暖化の引き金は、人間がもたらした。
原油を掘り出して、燃やしているのがそうだけど。

ある番組で、ローマに崩壊をもたらしたのは、
ローマの人々による、自然破壊が原因、といったのを見た。
近くの木々を片っ端に倒し、燃やして、使っていた。
山は、土砂を保てなくて、雨ごとに、山の土砂は、
海へ流れ出て、海を埋めて、陸にした。
その環境破壊がローマに寒気をもたらしたという説。

人間によって、石炭を掘り出しきった感のある今日この頃。
今後は、自然のしっぺ返しをくらう、時代がつづくでしょう。
はたして、人間は、そのしっぺ返しに、耐えられるでしょうか。


JUGEMテーマ:自然科学
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
短歌
今年こそ そう思い続けて はや5年 思いはあれど 先に進まず

歌号 松尾 不精

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
thisisalovesongforyou
感謝の気持ちを。日ごろの。
つまへ。いま、こうして、自分の好きなことに打ち込めるのも、
君のおかげ。 そうじゃないと、自分ひとり、こんなに、
好きなことをしておれない。

まだがんばっている君に、感謝をしたい。
いつか、絶対、いつか、君に、苦労はさせない生活をしてみせる。
まだ、まだ、先は、長いが、行くべき道は、決まっている。
絶対、いつか、君をほんとに、幸せにするよ。

いまは、ゆとりはないけれど、私は、自分の好きなことをしているので、
私は、幸せだよ。たぶん。 けれど、君は、どうかな。
いま、していることは、君の好きなことなのかな。
いまは、まだ、切ないけれど、きっと、いつか、君を幸せにするよ。

待っていてほしい。絶対、この約束は、守るから。
必ず、守るから。

JUGEMテーマ:恋愛/結婚
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
伝えたくても、伝えてはいけない
その女性は、女性というより、女の子と言ってもいいぐらい
小柄な、かわいい子だった。 韓国の留学生で、アメリカに来ていた。

韓国から、男性も、留学生として、ひとり来ていた。 2人は、いつも、
寄り添っていた。いつも、いっしょにいた。

2人の両親は、ともに、裕福な人たちで、おたがいに、知り合い同士だった。
男性の両親と女の子の両親で、子供をアメリカで、勉強させることを、
話していた。 アメリカは、勉強の設備はいいが、当時、治安が悪く、
よく、殺人だの、レイプなどの報道、ニュースが韓国でも流れていた。
女の子の両親は、非常に心配して、知り合いの息子に、女の子のそばにいて、
ボディーガード的な役割をしてくれるように頼んだ。
その男性ももともと、アメリカに留学する予定だったので、その話を引き受けた。

女の子の両親、男性の両親は、ゆくゆくは、2人は、結婚しても良いと思っていた。
女の子と男性も、韓国では、近所で知り合いだった。
女の子も、自分の両親の思いは知っていて、別に、反対はしなかった。
その男性と、結婚しても良いと、思っていた。

2人は、アメリカに来た。 ぴったり寄り添っていた。 いつでも。
2人の英語は、普通にできた。 アメリカ人とも普通に話をしていた。
でも、必ず、その女の子の横には、韓国の男性がいた。
もちろん、その男性もいろいろな話に加わって、会話をしていた。
その男性は、完璧に、女の子のボディーガードという役割を果していた。

女の子は、その男性が、そう完璧に、自分に付き添わなくても、いいじゃないかと
考えるようになった。 別に、うわきをするわけでないし、ただ、世間話を
するのに、そうそう、付いてきてくれなくてもと、思うようになった。
だんだん、韓国の男性がうっとおしく、思えるようになっていった。

女の子は、そのことを、やんわりと、男性に話した。
男性は、「君の両親の頼みで、やっている。 このスタンスを変えない。」 と。
話したが、すこしは、ボディーガード的な、ところが少なくなった。
2人は、4回に1回、3回に1回、 いっしょにいない時間も、あるようになった。
でも、そう劇的には、その状態は、変わらなかった。

そんなある日、日本から、留学生が来た。
その中の一人の男性を、見たときに、その女の子は、ワケがわからない変な感情を覚えた。
どうしたのか。 女の子は、今まで、恋をしたことがなかった。
両親の作ったレールの上を何の、疑いもなく、歩いていた。別にそれが、
自然だった。 当然だった。 両親に、韓国のその男性が、いい人だねえ、
かっこいいねえ。 と、言われて、そうだと思っていた。

その女の子は、自分の心のうちが、自分でわからなかった。わからなくなった。
自分のこの、こころまでが、両親の作ったもの? パニックになった。 
韓国の男性と、いっしょにいることを、拒否し続けた。 部屋にこもった。
授業にもいかなった。

が、しばらくして、部屋から、出てくるようになった。 ひとりだった。 
韓国の男性は、寄り添っていなかった。
元気になっていた。 その日本の男性と話すようになった。 周りから、見ても
明らかに、その日本の男性が好きなことが、わかった。 が、
女の子は、それは、いっさい、口に出さなかった。 言ってはいけない。と、女の子は、
決めていた。 ただ、友達同士の付き合いで、話をしていた。 女の子は、みんなと
普通に話すようになった。 友達だった。だれとでも、友達だった。それ以上ではなかった。
韓国の男性も、話に入ってくるようになった。 何となく、打ち解けた感じだった。みんなで。

日本のその男性を見る目、しぐさ、行い。どれひとつ取ってみても、
女の子が、その男性を好きなのは、一目瞭然だった。
女の子も思い入れが強かったが、絶対に、好きだとは、言わなかった。

女の子は、日本のその男性が、好きだけど、言わない。 ただの友達同士の付き合いにしていた。
「好きだ」と言いたいけど、言っちゃあ、いけない。
伝えたいけど、 伝えてはいけない。 その、思い。
ずっと、ガマンしていた。 最後まで、我慢をしていた。 
さいごまで、友達だった。そうしたのだ。



留学を終えて、韓国の2人は、帰っていった。 その後の、どうなったか。 
2人は、結婚したと、風の便りに聞いた。結局は、レールの上に乗ったまま、
人生を賭けることをせず、平凡な普通の幸せに、戻ったかもしれない。


ただ、あのときの女の子の感情、思い、葛藤。
伝えたいけど、伝えないあの、思い。 
その女の子は、それで、よかったのだろうか。
ひとりで、部屋にいたとき、なにを決心したのか。
韓国の男性が、説得したのだろうか。
今となっては、それは、知りえないことだけど・・・・・・。
今も、私の頭の中に、残る、女の子のあの笑顔。
唇をかみ締めて、涙を流しても、なお、無理やり作ろうとしたあの笑顔。


















JUGEMテーマ:ショート・ショート
分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
いま、つれづれ
テレビを見ていたら、このまえ、こんな、フレーズが、
頭に、飛び込んできた。

「世界で、8億人の人が、飢えている。 そして、
世界で、8億人の人が、車に乗っている。」

これは、ちょっと、衝撃的な、フレーズだ。
とうもろこしの油が、車の燃料に使われる話から、
このフレーズは、出てきたのだが。

とうもろこしを育ててきた人が、とうもろこしをどうするか。
飢えている人に、無償であげてしまうか。
車、お金を持っている、裕福な人に、売るか?

とうもろこしを育ててきた人は、自分の生活もあるので、
どうしても、車、お金を持っている人に、売ってしまうだろう。

私も車を持っているが、車の生活は、そのままで、
8億人の飢えている人を、助けられないか。と、考えてしまうのは、
まったくの、先進国に浸かった私たちの、わがままが、なんでしょう。

とは、言っても、いまから、皆さん、車乗るのをやめてください。 と、
叫んだところで、そのとおりに、するわけもないので。

なにか、8億人の飢えた人たちを助ける、いいシステムは、
ないだろうか。 ユニセフに寄付するぐらいしか、してない、
私だが、そんなことを、いま、つれづれ、考えている。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
子供に安全な水を
世界の子供たちへ、安全な水を。

わたしたちは、水道から、いくらでも、透明の水が出せます。
こんな水が、身近にない、子供たちは、世界に4億2500万人以上います。
雨水のにごった水を飲んでいる子供も、います。
身近に水は、それしかないので、しかたありません。

藤原紀香さんがアフガニスタンに行っていました。 なぜ、アフガニスタンなんでしょうか。
アフガニスタン(アフガン) は、第一次アフガン戦争以来、ずーっと、
戦争、内戦、争いごとを繰り返してきました。
2001年、アメリカは、アメリカ同時多発テロの報復のため、アフガンを攻撃しました。
そのような状態のなか、今、アフガンは、水道施設など、調っていない、地域が多数あります。
なので、初めに話したように、雨水を飲んで、命をつないでいる子供が多くいます。
幼児の死亡率は高く、その多くは、不衛生な水を飲むための慢性的な下痢が原因です。

水を飲まなければ、人間は死んでしまう。
だから、汚い水でも飲む。 それしかないのだから。

それが、現状です。アフガニスタンだけではありません。
エチオピア、ケニア、ソマリア南部ワジド、ラオスでもそうです。
世界で、毎日4100人以上。
不衛生な水を飲むための単純な下痢性の病気で、死亡する子供の数です。

よかったら、こちらは、ユニセフのリンクです。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
あるHP
4月から始まるドラマのホームページを独自に
作ろうと思ったが、途中半場に作って、
完成しないうちに、ドラマが始まってしまった。

いまさら、作り上げても、アクセスが集まらないかなあ。

どうしようその中途半端に作った、ホームページ。
一般には、公開してないから、削除しちゃおかなあ。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
理想的な寿命
私の理想の寿命は、88歳。

若いころから、40ごろまでは、自分のためでなく、
家族のため、妻子の為に、働く。
自分とは、全然関係ない、すきでもない仕事を、一生懸命やる。
自分の好きなことは、やめとく。

40ごろからは、自分の好きなことをやらしてもらう。
セミリタイヤで趣味の分野に熱中する。
それで、お金儲けができたら、そうする。
子供に自分の知っている全てを教える。

88歳、病院で子供に「もうこれで、俺は十分だ。行かせろ。」と、言って、
かっこよく、最後を迎える。

などと、ただぼんやりと、自分にとっての理想の寿命とは、どうゆうことか、
考えてみました。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
友情
友情とは何でしょうか。

何人も、何人も、友達がいる。たくさんいるという人が、
いますが、それが皆ほんとうに、友達でしょうか。

女性同士の友情はどうでしょう。
女性同士の友情は、もろいですか。

環境が変われば、自然に、会わなくなることもあるようですが。
学校が変わる、勤めているところを変わる、引越などをすると、
なかなか前の友達と会う機会が少なくなります。
彼ができると、友達が遠慮をして疎遠になることが多いのではないでしょうか。
そのような時は、友達が冷たくなったのではなく、環境が変わり、それに応じて、
人は、変化をしていってると思ったほうがいいかもしれません。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
車を運転している方へ
車のスピードを出さないでください。

事故をおこした人のことを他人事と思わないでください。
自分が事故をおこしたと考えてください。

自分は安全速度で走っていると感じてますか。
その速度は本当に安全ですか。

突然細い道から自転車が飛び出したらと考えてください。
その速度は本当に安全ですか。

車の前で、自分の子供が自転車に乗って走っていると考えてください。
その速度は本当に安全ですか。

分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
元旦
今日は、元旦です。

あけまして、おめでとうございます。

「一年の計は元旦にあり。」

正月からの暴飲暴食には、ご注意を。
糖尿病で亡くなる方は、一年の内、1月が最も多いらしい。

テレビでは、お笑いのおチャラけを散々、やっています。
これらの番組を絶え間なく、見られている方も多いと思います。

「一年の計は元旦にあり。」

一度、部屋にひとり、雑音を一切さえぎり、神様(仏壇など)の前で、
今年一年、自分はどうしたいのか、思うといいのかもしれない。
3分でも、5分でも、そんな、時間を作ってみては、どうでしょうか。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
整理整頓とは
整理整頓とは、

いらないものを捨てることです。

捨てる決心ができない人は、整理整頓ができません。
捨てたうえで、同じ種類のものを同じところに入れていきます。

この捨てることをしなくて、いきなり種類分けのようなことをすると、
時間がどんどん過ぎていきます。

捨てることができない人は、物が無限大に増えていきます。
全く使わないものが身の回りにたくさんあります。
いざ、必要なもを、思いついても、それがどこにあるのか
わからなくなります。

子供には、物を捨てることを覚えさせましょう。
何年間使わなかったら、捨てるようにしましょう。

思い出のもの、捨てなくないものは、きちんと、箱に入れて、しまっておきましょう。
親が捨てなさいと言っても、子供はそうではないときがあります。
子供の意見をくんであげましょう。


分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
子供の20、30年後
自分たちのためではなく、子供たちの未来のために、
品物を買いましょう。

あなたがどんなものを買うかで、子供たちが大きくなったときの
環境が変わってきます。

自然と調和した、より住みよい環境を子供たちのために
残しておきましょう。

私たちが、将来の自然にこだわった商品を多く買うようになると、
多くの企業も、そのような製品を作っていくようになるでしょう。

子供たちに今よりも過酷な自然環境をあたえたくないのです。
子供たちには、自然と親しんで、のんびりと暮らしていって欲しいのです。

子供たちの、20年後、30年後の、将来を考えてみましょう。



分類カテゴリ記号:ɧ 思い
| み6 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode