スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
高齢者の事故


最近、高齢者の事故があらゆるところで取り上げられている。

歩いていて事故に遭うというほうじゃなくて、
運転していて事故になってしまうというほう。
判断力の低下、視野のせばまり、などの原因で
重大な事故につながるケースも最近よくニュースに取り上げられます。

もっと、強い決まりを作らないといけないかもしれません。
つまり、何歳以上は運転禁止。とか。
2020年までに自動運転車が出てくるなら、
何歳以上は、自動運転の付いたクルマしか運転してはいけない。
とか。

そうじゃないと、そういう事故の被害者はうかばれない。

テレビで高齢者の運転の技術というかそういうものに
焦点をあてた映像を見てみたけど、
高齢者が運転していて、センターラインを越えていた。
注意されてそれに高齢者が気づき、
「あはあは」と、笑っていた。

わたしは、「笑い事じゃないよな。」と、強く思った。
へたをしたら、その高齢者は、運転で人を殺しかねない。
そういうことを自覚してもらいたい。

運転していて、しょっちゅうクルマをぼこぼこ当てたり、
電柱に擦って傷をつけてしまったり、している高齢者は、
責任をもって、免許の返還をしてもらいたい。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者

| み6 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
高齢者ドライバー
高齢者の運転する自動車の事故が増えている。
よく聞くのは、高速道路の逆走、
アクセルとブレーキの踏み間違えでの、コンビニ突っ込み、
信号無視など。

やっぱり、感覚がちょっとづつ、ずれていて、
それに気づいてないのかなあ。

それでも、なかなか運転をやめようとしない。
今まで乗っていたものだから、簡単にはやめれない。
とても、危険な状態だろうけど。
自分だけの命じゃないからね、他人の命にもかかわってくる問題だからね。
つまり、歩行者、コンビニの中のお客、など他人様に
ケガをさせたら、えらいことですがな。

そう説得されて、運転をやめたある高齢者の方は、
なんか生きる希望がなくなって、
人生どうでもよくなって、なんて思っている。

どうすりゃいいのか、この高齢ドライバー問題。

早く、自動運転車できないかなあ。

高齢ドライバー500万人時代

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
JUGEMテーマ:高齢者の日常生活


| み6 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
中高年

ご近所が中高年が多い住宅街で、
意外と皆さん仲が良く、いつも隣近所、
挨拶している住みやすいところが地域に多いですね。

「おはよう。うちの畑で何々が取れたから、持っていく?」
「持っていく?」と、聞いてるのは、
ほしいならあげるよ、どうする? ということで、
自分のうちに野菜が多くていらなかったら、そう言うんですけど。

かなり年配の人も多いので、ご近所で親しい人は、
「今日一日中見かけないけど、おーい、生きとるか?」
なんていう挨拶も玄関インターホンでするようで。
全く、微笑ましくて、和やかの雰囲気のいい田舎なんですよ。
お年寄りひとり暮らしの人も多いので、
近所でこころの繋がりを持ちながら生きているそんな田舎、
いいですよね。やっぱり、晩年はそういう雰囲気のところに住みたい?

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者






| み6 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
G.G.

G.G.があったら、B,B.もあってもいいよね。
どういうストアなのか。

まーね、今日はちょうど敬老の日ということもあって、
G.G.とか、B,B.の世代が、
日本の人口の8分の1を超えたというニュースを聞いた。

近くのディスカウントストアも、その世代向けに、
いろいろ工夫をしているようですね。

100円ショップとかぶる商品は置きたくはないものね。
100円ショップは、原価とか経費とか削りに削って、
なんでもかんでも100円(いや正式には今108円)で、
売り出すから、たまりませんですね。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
お年寄り

年をとると短気になるというのは、本当のことのようです。

短気になるというのは、体がしんどいこと、辛いことからという
意見もあります。体がしんどいから、長くは待てない。
何をするのでも、昔の若いときのようにすぐにはできないから、
かなり前からやり始める。たとえば、料理とか。

年の分だけ、いろいろなことを知っているのでプライドも高い。
忍耐力は弱ってきているので、人を話を長々と聞けない。
がしかし、自分の過去の話は、長々と話す。
お年よりは、長くしゃべってくれる相手より、
長く自分の話を聞いてくれる相手を好みます。

面倒なことは、嫌いです。
いろいろなことを押し付けないことです。


逆に年をとって丸くなる方もいます。
そのようなお年よりは、今の環境に満足されている方なんでしょう。
特に、家、家族との関係に何も不満がないお年寄りが、
温和で穏やかな性格になるんでは? と思います。


分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ディアルタスク

わたしも同時に2つのことをするのが苦手だけれど、
高齢者になってくるとそれが顕著になるらしい。

お年寄りになるとゆっくり歩くようになります。
足腰が弱っているのもあるとは思いますけど、
歩きながら喋ると、歩くほうの注意が散漫になり転倒することがあります。
喋ってなくても、何にもないところで転んで骨折ということもありますから、
足の動かすとき、神経がそっちにいってない?

わたしは、運転しながら助手席の人と話すと運転自体が注意散漫になり、
ヒヤッとした思いを結構しました。ので、運転しているときは、
深い話にならないようにして、目の前の道路に集中します。
そのように努力します。

テレビを見ながら、何かをする人はどうなのか。
同時に2つのことをしていると言えるのでしょうか。
例えば、テレビで野球を見ながら、何か書き物とかしている人は、
野球は誰かが打ったときしか見ていないでは?
テレビの音をなんとなく聞きながら、その音が騒がしくなったらテレビに目をやる。
それ以外は、書き物に集中している。そんな感じでは?

同時に2つのことができる人は、どうなったらもうひとつに切り替える
ということをはっきり決めている人ではないかな。
そう思います。違うかな?
あなたは、同時に2つのことができますか?



分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
シニアの方
シニアの方は、若い方に比べていろいろな危険が増えます。
交通事故、病気、犯罪被害など。

高齢者になると入院する人の割りあいが増えてきます。
また、交通事故に遭う危険性も高くなってきます。
自分では注意していると思っていても、
若いときよりは注意力が落ちています。
夕方が事故が多発する時間帯です。
薄暗くなる時間です。
このとき、外出することがあるなら、
明るい色の服を着ましょう。
目立つ色の服を着ましょう。
そうすれば、車の運転手から分ります。
暗い色の服では発見が遅れて、ブレーキを踏むのも遅れます。

最近は自転車と歩行者との事故も増えています。特に
歩行者はシニアで自転車は若き者というケースです。
ひどい怪我をしても正当な賠償が受けられないケースもあるそうです。
出来たら、夕方ごろは外出しないほうがいいのかも。


分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウサイン・ボルト vs じっちゃん
いま、100mを世界一早く走る男は、
ウサイン・ボルト 9秒69 の記録を持つ。

100mのうち、一番スピードにのっているときは、
時速44km の速さだそうだ。

うちのじっちゃんの車、軽ポンコツ号 より、
速いかもしれない。じっちゃんは、
その車で、趣味でやっている畑に行く。
ときどき、自転車に追い越される。

ウサイン・ボルトが時速44km なら、
じっちゃんは、自給自足 5kg の畑野菜 なのでした。






JUGEMテーマ:陸上について
分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
もうろく
最近、年をとってきて、もうろくしているので、
自分自身、困る。

めがねを拭こうとして、めがねケースの中の
めがね拭きで、顔を拭いている自分がいる。

何か、ほかの事を考えていたとはいえ、
大変、もうろくしてきているのを実感している。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
敬老の日
敬老の日の特集でランキングが出てました。
敬老の日にあげたものは何が多いのか。
プレゼントランキング。

ベスト3は、花、お菓子、衣類でした。
私もプレゼントするのは、花が多いです。
自分の両親に上げます。

一番無難なのです。
お菓子も、あげようとしますが、何が好きな食べ物
なのか、いまいちつかめません。
いちど、かみさんが、私の両親にカーディガンを
プレゼントしたときがありました。
私の両親は、涙を見せて、喜びました。
わたしは、ちょっと、びっくりしました。
そんな、ものなんかと。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
年老いた夫婦
あるスーパーで、お年より夫婦が、
安売りのひとつの食品を買うかどうか、話してた。
「これ、買うんか?」と、おじいさん。
おばあさんは、ただ、寂しそうに、首を振る。

その光景が、何度も、心をよぎる。
毎月、ぎりぎりの年金でやっているのかな。と、
失礼ながら、想像してしまう。
高齢者医療制度も重なって、・・・・。


その、光景が、いま、頭に浮かぶ。
あとから、何度でも、私の心をよぎる。

もうちょっと、不公平のない社会に、ならないものか。
もうちょっと、健全な社会にならないものか。
そのようなことを思う今日この頃。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 08:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
介護
もし、介護が必要になったら、どうするか。
どうゆう手順を踏んで、いろいろな手続きをして、
最終的に、介護施設に入るのか、入らないのか、決めないとね。
家族で話し合って。

介護サイトケアケア という
サイトに、介護が必要になった場合の
手続きの踏み方、申請の仕方など、丁寧に書いてあります。
市区町村役場に介護申請 から、認定調査、主治医意見書、
そして、認定。

ここに、書いてある手順に、したがっていけば、どうしていいのか
迷うこともないでしょう。

こちらでのサイトでは、主に近畿圏の方の情報が書いてあるようです。


分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 13:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
じっちゃんとばっちゃん
うちは、自分の親をじっちゃん、ばっちゃんと、呼んでいる。
子供がいるので、子供に合わせて、自分の親を、
じっちゃん、ばっちゃん、呼ばありである。

親の家に行くと、子供を預けておけて、自分で、すきなことが、
少しできるのでいい。おまけに、食事もつくってくれて、
いいことずくめだ。帰りには、じっちゃんが、はたけで、
とってきてくれた、野菜をたんまりと、くれる。

そんな、じっちゃんとばっちゃんに、感謝、感謝です。
敬老の日に、何か、おくろうかな。
まだ、老人じゃないと怒るかな。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
敬老の日
敬老の日にお花をプレゼント。
私の母は、喜んでくれるだろうか。
たぶん、笑い飛ばすな。 
「お花、ありがとうね、でも、今日は、敬老の日だよね、
がははっはは。」  だろうな。 あの性格では。

2007年は、9月17日が、敬老の日か。
月曜日で休みなのか。いつから、こうなったのかなあ。
毎年、9月15日と、決まっていたような。
違ったかなあ。

まーいいや、花をひとつ、贈ってあげよう。
敬老の日とは、言わずに。
それが、敬老の日とピンと来たら、もうろくしてないと、認めてあげよう。

分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
老人ホームの口コミ
なかなか、おもしろい発想のサイトです。

老人ホーム くちこみサイト。
キャッチコピーはこうです。
介護施設のクチコミなら老人ホームマップへ

第三者評価から、老人ホームを探そうという
コンセプトで、このサイトはできています。

わりと新しいサイトらしい。(2006年11月現在)
でも、かなりの数の口コミがすでにあります。

かなりの情報量であります。
それも、必要な情報がそろっています。
その老人ホームの位置を地図で見れますし、
費用の面での、情報もあります。

その費用が、他の老人ホームに比べて、
高いのか、安いのか、それとも、ありえない高い値段なのかが、わかります。


分類カテゴリ記号:ɣ 高齢者
| み6 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode