スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
棋士が勝った
電王戦、FINALのFINALということで、
棋士側が勝ちました。
なんと、わずか21手という前代未聞の時点で終了ということです。

この前、たぶん名人戦で60手で終わるという、
名人戦7番勝負史上最短というのがありました。
羽生名人 対 行方挑戦者 という対決。
これからがどうなるか。というときに、なんと行方挑戦者が投了ということで。
それでもかなりかなりの最短ということだったのに、
今回、電王戦FINALのFINAL、21手で終了です。

この最終の局、棋士は阿久津主税八段。
なにがなんでも勝って、一矢を報いなければならない局です。
棋士の品格がどうのこうの、
アマチュアが示した手だからどうのこうの、
ソフト側の数少ない弱点をピンポイントで突いたからどうのこうの、
なんてことは言ってられません。
ここで勝たなければ、
電王戦第1回からFINALまで全部、負け越しですから。
それこそ棋士のメンツがまるつぶれです。

ここで棋士が勝ったことに大きな意義がある。

これで
電王戦 棋士 vs 将棋ソフト

第1回 0 対 1
第2回 1 対 3 ← 引き分けが1
第3回 1 対 4
第4回 3 対 2 
(FINAL)

という結果です。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
将棋うぉーず

将棋ウォーズというサイトがおもしろそう。
皆さん、強そうです。

観戦ができます。
皆さん、指し方が早い。とても早い。
見ていても、すぐ勝敗がついて、
次の局、次の局と観戦しています。

なんと、将棋ウォーズというサイト、
日本将棋連盟公認だそうです。
強い訳ですよね。

分類カテゴリ記号:ų 趣味


| み6 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
将棋電王戦FINAL

将棋電王戦FINALの第4局。
棋士側が負けてしもうた。
これで、2対2 となりました。

これで、2015年4月11日のFINALのFINALに
すべてをかけてということになりますかね。

どうしても棋士側に勝ってもらいたいのですよ。
絶対に。なんとかならないものですかね。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
dennousen

今回こそは、どしても人間が勝って欲しい。
電脳戦。

人間 対 コンピューターの将棋対戦。
今のところ、棋士のほうが負け越している。

電脳戦 棋士 vs 将棋ソフト

第1回 0 対 1
第2回 1 対 3 ← 引き分けが1
第3回 1 対 4
第4回 2 対 1 ← あと2戦ある。
(FINAL)

第4回というかFINAL は、あと2戦。
今日が、第4局目。
朝9時30分からニコニコで配信しています。
ponanza がとても強そうだけど、どうでしょうか。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
第3回電王戦

やっぱり、負けてしもうた。
電王戦、人間のほうが負けてしもうた。

1勝4敗。という結果です。
まー、ちょっとは予想していたというか、
読む速度が桁外れに違うというか、
こりゃなんともならんな。というか。

これはもう、ルールを変える必要がある。
勝負のルールを変える必要がある?
誰かが言っていたけど、
人の横にもうひとつ将棋の盤を置いて、
そこで人は次からの手順を考えられる。
ということにしてくれないだろうか。

頭の中だけで考えていると見落としというか、
ミスが出てきますので、
ちゃんと横の盤で駒を進めてみてから、
正面の盤の上で次の一手を示す。
なんていいんじゃない?

パソコンはミスしないからなあ。
そこが、かわいげがないところですがな。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
将棋電王戦

まー、辛うじて1勝して踏みとどまったけど、
けどもう時間の問題では?

すべてが計算できてしまったら、そんなに面白くはない。
将棋そのものに興味がなくなってしまう。
そんなことにならないように、なんとか、
プロ棋士にがんばってもらいたい。

第3回将棋電王戦は、5戦行われる中、3戦が終わって、
1勝2敗。

コンピューターが今のところリードなのです。
コンピューターがすると手数が100手以内ということが
よくありますよね。早く勝負が付くということなんでしょうか。

疑問だけど、事前にプロ棋士に提供したプログラム(ソフト)と、
実際に対戦したプログラムは、1字1句同じですよね。
まったく同じものですよね。
それは、誰かが確実にチェックしていますよね。

そうでなければ、いんちきですよ。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
電王戦
第2回電王戦があるということで、ニコニコで放送されるということで、
ニコニコのアカウントを取っておかないといけないですよね。
そうしないと、見れません。はい。

将棋の対決です。人間VSコンピューターです。
5戦もあります。対戦するのは将棋のプロの方々。
つまり、将棋でご飯食べている方々。

これは一大事です。大事です。
負けたら面目がありません。
正直、将棋界のトップの方々は、コンピューターとの勝負をしてほしくないです。
負けたら、失うものが大きいです。

「なんだ将棋ってそんなものか。」なんて思われたらいやなんで。
プロの方々は、コンピューターの欠点を見つけ出して、
徹底的にそこを突いていってほしいですね。

第2回電王戦は5戦あって、そのうち第1戦は
2013年3月23日午前9:30からニコニコで。

分類カテゴリ記号:ų 趣味
JUGEMテーマ:将棋


| み6 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
対コンピューター  将棋
米長邦雄さんが敗れたとなると、
将棋でコンピューターが人間を負かす日は近いんだと思ってしまいます。

もうチェスの世界では、人間はコンピューターにはかないません。
人間が負けます。
将棋もそうなる日が来るのかもしれない。
本当ならそんな日は来てほしくないのだが。

やっぱり人間がどれだけ攻めても、
どこまでも正確かつ冷静なコンピューターの受けが、
勝敗を分けたのでしょうか。
コンピューターに隙を見せたら、
つかさずそこを攻め込まれ、どんどん傷口が広がっていく。
という感じなのでしょうか。

ということは 対コンピューターとするには、
どこまでも正確な攻めが人間にも必要だということ?

分類カテゴリ記号:ų 趣味




JUGEMテーマ:将棋
| み6 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
毛糸
今年は311がありまして、
節電もよりいっそう広まった感があります。
クリスマスプレゼントもそう豪華のものでなくても、
気持ちのこもった物を送りたいですね。

どうですか、女の子から男の子への
クリスマスプレゼントとして、手編みのセーターなんて。
なんて、今から、間に合うはずがないですね。

そうしたら、来年のバレンタインデーなんか?
相思相愛の仲だったら男の子はとても
喜んでくれるのではないでしょうか。
とても手間がかかるから、
今はもうそんな超面倒なこと、女の子はしないのかなあ。

毛糸で編むちょっとしたものだったら、
こんなのはどう?
ヘッドホーンの耳あて。
長い間使っていると、ヘッドホーンの耳にあたる部分、
スポンジのようなものが切れて取れてしまいます。
その代替品を毛糸で編んで作ったら?
ヘッドホーンを持ってその大きさを見ながら、
編まないといけないけど。


JUGEMテーマ:編み物
分類カテゴリ記号:ų 趣味
| み6 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
持将棋
将棋に引き分けがあることを始めて知った。
持将棋(じしょうぎ)と言うらしい。

持将棋とは、互いの王が相手陣地に入り込み、
互いに詰ませる見込みがなくなって、
それをお互いに認めれば成立する。

持将棋になったら、王を除いた駒で、飛車が5点、角も5点、
その他の駒を1点として数えます。
それで両者とも24点以上であれば引き分けになり、
無勝負となり、再試合をします。
以上がプロの公式戦のルール。

アマチュアの大会は27点法というのがある。
計算で27点以上の方が勝ちというルール。

てな訳で、将棋でも勝敗を決めるのが
困難な場合もあるということでした。



JUGEMテーマ:将棋
分類カテゴリ記号:ų 趣味
| み6 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
真空管アンプ
なぜいまごろ、真空管アンプなのか。

オーディオファンや音楽ファンから、圧倒的支持を受けている
真空管アンプ。 なぜか。
真空管アンプは、音の深さがちがいます。感動が違います。
音の暖かさがあると、表現しているところもあります。

普通のアンプと真空管アンプの音を聞き比べてみると、
ちがうのがよくわかると思います。
同じ曲でも、伝わる感動が違います。音に深みがあります。

じっくり、専念して、聞くのは、やっぱり、真空管アンプではという
オーディオファンは、いまなお、たくさんいます。

LUXMAN(ラックスマン) は、本格オーディオのサイトです。
ネットのつくりも、相当、凝っています。
興味のある方は、覗いてみてください。



JUGEMテーマ:気になるオーディオグッズ
分類カテゴリ記号:ų 趣味
| み6 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode