スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
AI会話
それは、確かに言えている。

会話には、省略と補完があると言う理論。
しゃべる人が、省略した言葉を、
聞いている人が、補完して、初めて会話が成り立つ。
という考え方。

たとえば、日本語の会話には、往々として、主語がない。
「そう、転んだんだよ。」という、音に対して、
聞き手は、誰が転んだのかを、推測して、理解してからしゃべりだす。
推測してからしゃべりだすまで、0.1秒。

AI会話も、それぐらいできれば、素晴らしいのに。
たとえば、SIRI とか PAPPER とかが。
あと、2、3年でそれができるようになるかな?
どうかな。

ロボホン は、どうかな?

ロボットの会話

分類カテゴリ記号:Ć ロボット
| み6 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:43 | - | - |
Comment








Trackback

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode