スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ピラミッド5000年の嘘を見て見た
ピラミッド5000年の嘘 という映画?を見て見ました。
GyaO! で見れます。いつまでやっているのかな? 無料です。
ヤフーのトップを開いて、左サイドを見て見ると、GyaO!があります。
クリックして、上のタグのうち「映画」をクリックすると、
ピラミッド5000年の嘘 と、どこかに表示されます。

ピラミッドのなぞに迫ります。
どうやって、巨大な石を切り積み上げたのかなぞです。
誰も答えは知りません。
しかもひとつひとつの石の大きさがばらばらです。
一定ではないのです。石と石の間は1mmの隙間もありません。

そのような巨大石の積み上げた石壁は、エジプトだけではありません。
イースター島、ナスカ、ペルーのさまざまな遺跡、マチュピチュ、
などなど。ナスカは石ではなくて、地上絵ですけど。
これらは地点はほぼ、1直線上にあるそうです。

それぞれの文明は、
イースター島のモアイ:900年代から1600年代
ナスカの地上絵:紀元前100年代から西暦500年代
マチュピチュ:1400年代〜1500年代
ギザのピラミッド:紀元前2500年代
と、こんな感じ。

昔の文明は今の文明より賢いのかもしれない。少なくても
石を積み上げて作る建築は。
その賢い文明が石建設に対する何の書物も残してないのはなぜだろう。
地球のN極とS極が入れ替わり、巨大建造物以外はすべて消え去ったから。

それぞれの文明は、時代も違うは場所も違う。
ということは時間と距離が違う、時間と空間が違う、時空が違う?
ここで私が思い至ったのは、愛主体の光の速さは一定という相対性理論。
アインシュタインを愛主体と漢字で書いて見た。
光の速さが一定なら、変わるのは時間と空間。つまり時間と距離が変わる。

同じところの文明が、ばらばらになったなんて考えると、
みんなにアホ呼ばわりされそうだけど。
あった文明の時代も場所も違うけど、時空がゆがんだらそんなことも
ありえるんではなかろうか。

と、まーね、そんなとめどもないことを考えならが、
ひとりクリスマスイブを過ごしています。
はい。

今夜は星がキレイです。




分類カテゴリ記号:Ō 物理学
| み6 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:03 | - | - |
Comment








Trackback
1 :そーきそばΦ ★:2013/07/06(土) 22:11:44.26 ID:???0 南米ペルーでおよそ4000年前に作られたピラミッドが、地元の不動産業者によって跡形もなく破壊され、波紋が広がっています。破壊されたのは、ペル...
【2chまとめ】ニュース速報+ | at: 2013/07/07 6:03 AM

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode