スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
湿度100%は水ではない

前々から、すごく疑問に思っていました。
湿度とは、何に対してのパーセントなんでしょう。

通常50%から60%の湿度ですが、
それって、空気中の半分は水っていうこと?
それだったら、まったくおかしなことになってしまうのでは?

たとえば100%だったら、空気じゃなくて水ってことだよね。
このパーセントって、何に対してのこの割合なの?

これは空気が水蒸気を含ますことのできるいっぱいいっぱいが100%と言うことらしい。
自然の天候でも、空の雲は水蒸気の集まりです。
雲が湿度100%ということらしい。
そしてこの状態から少しでも水分が増えると、
雨になって、落ちてくる?
そんな考え方でいいのかなあ。

雲が湿度100%の状態。
地上では、霧の状態が、湿度100%の状態。
その半分の湿度の場所に私たちは住んでいる。(湿度50%のばあい)。


分類カテゴリ記号:Ō 物理学
| み6 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:15 | - | - |
Comment








Trackback

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode