スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
君は何を思ふ
日曜の朝の静けさの中、君は夢の中で今何を思ふ。
窓の外は粉雪が音もなく舞い落ちる。

あのときの君は待っていると言ったよね。
その言葉は本心だと思っていた。実際本心だったんだよね。
でも時は流れ、今の君のこころはどこにあるのか。

時間は人のこころさえ変え、人々は時にもてあそばされる。
あのときの君のこころは本心だった。
そして今の君のこころも本心だ。

矛盾がわたしを呼び起こし、薄暗い朝にひとりたたずむ。
いつのまにか窓にかすかな光がさし、部屋には
パソコンのファンのかすかな音だけが無情に響く。
かすかな音とかすかな光の部屋の中で今、時をうらやむ。




JUGEMテーマ:恋愛詩+゚*
分類カテゴリ記号:ɦ つぶやき
| み6 | 05:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 05:15 | - | - |
Comment








Trackback

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode