スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ひとつ
少しはよくなったの?
それとも、同じ?
あなたにはよかったかもしれない、
文句を言う相手ができて。

あなたは言う。
ひとつの愛、
ひとつの人生。
そのひとつが
夜に
もうひとつを求めて、
ぼくらは、分かちあい、
そしてあなたから離れる、
あなたはそれで、よかったのだろうか。

ぼくはあなたをがっかりさせたのか?
あとあじが悪すぎたのか?
あなたは、何もなかったようにふるまい、
ぼくにひとりで歩いて欲しいと・・。

遅すぎる、
今夜、
過去を日の当たるとこに出すには。
ひとつだった、
ぼくらは。ひとつだったけど、
同じではなかった。
お互いに、傷つけあっていた、
陰りを背負っていた、
ひとつ。

ここにきて、許しを請うことはあるのか?
ここにきて、死者をよみがえらせるのか?
ここに来て、神に祈ることはあるのか?
あなたが思っているはじき者たちのために。
ぼくは無理を言ったのか?
言い過ぎたのか?
あなたはぼくに何も残さない
それがすべて。
ぼくらは、ひとつだったけど、
同じではなかった。
お互いを、傷つけていた。
また、あなたを傷つけてしまう。

あなたは言う。
愛は神聖、
愛は高貴なさだめ、
愛は神聖、
愛は高貴なさだめ。
ぼくに入れと言って、
ぼくは入ってそしてあがき苦しむ
ぼくはあなたについていけなくて
あなたは傷つく。

ひとつの愛、
ひとつの血、
ひとつの人生
あなたはするべきことをすればいい

ひとつの人生、
お互いに、
姉妹、
兄弟

ひとつの人生
しかし、同じじゃなかった。
お互いを背負っていた。
お互い、負担だった、

ひとつ


ひとつ。








ぼくを作ってくれ、
ひとつになれるように。







過去の曲ですが、ちょっと、自分なりに、
意味をひもといてみました。
ちょっと、勘違いしている部分もあるかな?
たぶんある。意味の通じないところもあるかも。
まー、全体の曲の感じとしては、こんな感じだと思いますが。
この曲は、U2の ONE です。
youtube で、聞けます。
今になって、この曲もよく聞いています。



JUGEMテーマ:U2
分類カテゴリ記号:Ġ 
| み6 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:20 | - | - |
Comment








Trackback

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode