スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
靴下
私は寝るときいつも、靴下をはいて、
ふとんの中に入り、ふとんの中で靴下を脱ぐ。
そのほうが、足が冷えないで、暖かいので。

夜中に突然、妻に靴下を投げつけられて、
「冗談じゃないわよ。私もう 寝るわよ。」と。

「ん...??」 靴下が顔に付いたまま、私はわけがわからずに、
しばらく、「はてなマーク」が、頭にこびりついていた。

妻が横で寝ていたときに、顔に何かが乗っているようで、
目を開けたら、私の靴下だったらしい。

どこで、どうやったら、靴下が、そんなふうに移動したかは、
わからないが、妻が怒ったのも無理もないか。

すべて、私が悪いのである。
分類カテゴリ記号:ɦ つぶやき
| み6 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:36 | - | - |
Comment








Trackback

Search

このブログ内の検索

スマホ版はこちらで

スマホ版

Category

Profile

Entry



Comment

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archives

Link

Trackback

   

Sponsored Links





      にほんブログ村 住まいブログへ



Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode